FC2ブログ

高きを仰ぎ

アマチュアチェロ弾きの近況報告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
調整に出していた楽器が昨日,帰って来た。
お願いしたのは、昨年末、開業したばかりの若い職人さんの工房。

東京の有名な親方の所で修業の末、晴れて独立・開業したばかりの職人さんである。
実は,親方のホームページで彼が修行中なことや当地の出身だということは知っていたので、独立の暁にはこちらで開業してくれるといいなと思っていたら、そうなるという話を聞き、開業早々にとりあえず毛替えをお願いしてみた。「さすが、しっかり鍛えられている」という仕事ぶりだったので、思い切って調整をお願いしたのだ。
年末年始を除くと、最低でも週に1回は練習が入っているので、比較的楽器を預けやすい時期というとこの時期を除くといつになるかわからないし、彼の工房が混まないうちに、ということも考え、彼に「賭けて」みたのだ。

結果は大正解!
私自身、親方のこともウワサに聞いていただけなのだが、さすが、あの親方の弟子だなという仕事ぶりだった。
もともと「よく鳴る」楽器だったのだが、発音がすごく良くなった上、倍音の出方もパワーアップしてすごく弾きやすく豊かな音がするようになった。特に,他の弦が共鳴する音を弾いた時に、共鳴している弦の振動のしかたが目で見ても違いが分かるほど...

テール・ピースを替えて、指板や駒を調整しただけでこんなに変わるとは狐につままれた感じ。
弦(調整前と同じ銘柄)がなじむとさらにいい音がしてくるかもしれない。
今度のレッスン、師匠はどんな顔をするだろうか。
スポンサーサイト

よかったですね!
チェロは近くに腕のいい職人さんがいないと本当に大変ですもんね。

しかし、弦楽器はまか不思議。弦と調整しだいで音がガラリと変わるんですよね。
実は、ちょっと最近バランス悪かったのですがA線ラーセン→ラーセンsoloに変えたら、バランスよくなりました。

2007.02.06 00:06 URL | ちかりん #J7nTh0B2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bwv1012.blog51.fc2.com/tb.php/108-8b494ae5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。