FC2ブログ

高きを仰ぎ

アマチュアチェロ弾きの近況報告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
他県のオケにいるチェロ仲間が自分のオケを評して
>東大・京大を目指して頑張っている生徒もいれば地元の私立で十分という生徒や放課後のバイトにせいを出している生徒もいる・・・
例えるとこんな感じでしょうか。。。(笑)

と書いていた。
地方の場合、アマオケの数が多くて「自分に合った」オケが選びやすい首都圏などと違って「ごった煮」状態になるので、1つのオケの中にかなり上手な人もいれば初心者同然の人もいるし、意識の高い人間もいれば、そうではない人間もいることが多い。彼の文章を見て、いずこも同じだなと思いつつ、これって、ストレスが溜まるんだよなと思った次第。

技術的な問題というのは、「過程の問題」みたいな面もあって、誰でも最初から上手だったわけではないから、あまり上手でない「新人さん」が来たところで、一生懸命練習に取り組んでいればそれほど気にならないものだが、向上心のない人たちと一緒にオケをやるのは辛い。
大学受験の場合なら、まわりが「バイト命」の人たちばかりでも、自分だけ頑張れば結果につながるけれど、オケの場合は団体競技みたいなもんだから「多勢に無勢」状態になるので、自分の努力が報いられないことも多いのだ。

ひとくちに「音楽を楽しむ」と言ったところで、いろいろあって、
「東大や京大を目指して頑張っている生徒」みたいにひたすら練習に励み、よりよい演奏を目指し、それが実現することに喜びを見いだす人もいるが、
口では「いい演奏をしましょうね」と言いながら、客観的に見ると「地元の私立で十分」というレベルの努力で満足している人もいる。
さらに、「オーケストラの中に自分が入っている」というレベルの(在籍しているが)「放課後のバイトに精出している生徒」みたいな人もいる。
この結果、ある人たちが「音楽を楽しんでいる」一方で真面目に取り組んでいる人が「音楽を楽しめない」ことも起こりうる。

音楽の場合、勝ち負けがはっきりしているスポーツなどと違って、演奏の良し悪しを判断できるか否かも「本人の力量」によって違うからよけいにタチが悪い。
「東大・京大をめさす」タイプの人は多くの場合、自分で楽器を弾いて喜んでいるだけじゃなくて、積極的に演奏会を聴きに行ったりする人が多いのだが、そうでない人は「聴きに行く」面でも「それなり」の人が多いから、演奏の良し悪しを判断するという点でも「それなり」である。最近話題の「鈍感力」の持ち主と言えないこともないが....

正直な話、「くたびれたぁ~」と我慢の限界寸前になることもあれば「気を取り直して頑張ろう」と思うこともある。
明日からの合宿、いろいろな面で「疲れる」と思うが「心地よい疲れ」になることを祈りたい。
スポンサーサイト

合宿は土・日だったのでしょうか?「心地よい疲れ」を感じていらっしゃるとよいのですが。

合唱とオケはかなり状況が違うと思うのですが、私の場合、知り合いの紹介で憧れていた合唱団に入ることができ、練習に参加してみるとあまりのレベルの違いにかなりへこみました。
でもせっかく入れたんだし、同じレベルになるまでにはかなりかかるかもしれないけれどがんばろうと思って、指揮者の先生の個人レッスンにも通いました。
十年近く経つ今では、追いついたわけではないけれどもそれなりに歌えるようになり、曲の美しさも難しさも、余裕をもって楽しめるようになりました。
もちろん、アンサンブルの楽しさも、ずっとよく味わえるようになりました。

カゼデスさんが「困ったな」と感じていらっしゃる人たちも、もっと情熱を傾けられれば、自分にとってもオケにとっても、宝の山が待っているのに・・・もったいないことをしているなあと思います。
せっかくオーケストラで音楽を奏でるチャンスがあるのにな。

ちょっとご報告ですが、私がチェロの師匠にとお願いしている方の術後の経過がよいようです。
まだレッスンをできる状態ではないそうですが、夏ぐらいには・・・どうかな、楽しみにしているところです。
オケに入れるレベルになるには・・・何年かかるかなあ。当分一人でがんばることになりますね。
長くなってしまいました。これから、合唱の練習に行く準備をします。ではでは。

2007.04.15 14:24 URL | えがお #- [ 編集 ]

合宿は、「仕事をしたような疲れ」です。
ちょうど忙しい日々が続いている時期ということもあって、つぶれる寸前でした。

何が楽しいかって、人それぞれですから...
世の中には「マラソンが趣味」なんていう人もいっぱいいますし...
私なんぞは、長き距離を走れと言われても、多額の謝礼がもらえてもお断りしたいのに...
もっとも、時には苦しくても、よりよいものに挑戦することに喜びを見いだすのってマラソンを走っているようなものなのかもしれませんが。

2007.04.16 00:14 URL | パブロン・カゼデス #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bwv1012.blog51.fc2.com/tb.php/118-fa345021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。