FC2ブログ

高きを仰ぎ

アマチュアチェロ弾きの近況報告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何日か前から、今週末に迫った「復活」の最初の練習に向かって譜読みを初めた。
ただ、マーラーの楽譜って、ドイツ語でいろいろ書かれているから、辞書を片手に読まないとホントはダメなのよね。マーラーに限らず、ドイツ系の作曲家の中には、楽想などをドイツ語で書くことがけっこうある。2月にやったヘングレもそうだったし、現在練習中の曲の1つにシューマンの曲があるのだが、ここにも少しドイツ語が出てくる。
ただ、ドイツ語、勉強したことがないので活用とかわからなくって、辞書で調べながらも???の部分もあるのが悩みの種。(苦笑)

もっとも、読まずに弾いている人も少なくないし、そりあえず、それでも弾けないわけではないんだけど、それだとね。以前、あるオケで練習していた時、しかるべき立場の人が「そこから速くなるんですか?」って指揮者に聞いていたけど、ドイツ語で「だんだん速くなる」って意味の言葉が書かれているのよね、そこは.....
聞いた本人は,悪気はないし、むしろ、真面目に取り組もうとしているから聞いたののだどうけど、指揮者,こういう質問が出るオケに対してどう思ったかな、とか考えたらちょっと恥ずかしかった。

「復活」オケは、寄せ集めで、どんなメンバーが集まるかもわからないし、同様の「赤っ恥」をかかないように、ドイツ語のお勉強に励まなくちゃ....
ドイツ語の問題に限らず、初めてのメンバーとの練習前って,緊張感があっていいですね。何度もやってるメンバーだと、「初回の練習はこんなもんで大丈夫」みたいな油断というかなれ合いがあるんだけど、初めてのメンバーだと、譜読みにも気合いが入りまくる。
もっとも27ページもあるパート譜だから十分譜読みしてからの初合わせというわけにはいかないのだけど......
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bwv1012.blog51.fc2.com/tb.php/72-0ed14d0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。