FC2ブログ

高きを仰ぎ

アマチュアチェロ弾きの近況報告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
JAO(日本アマチュアオーケストラ連盟)が主催するマスターズ・キャンプも無事終了。
夏のフェスティバルとともに「夢のような」時間を過ごす事ができた。
今回の講師は安永先生、いわずとしれたベルリンフィルのコンサートマスターである。
全国からの参加者が弦楽合奏の指導を受けたのだ。
用意された曲は「フィレンツェの思い出」(チャイコフスキー)の1楽章とフランツ・リヒターの「シンフォニア」(全曲)、フランク・ブリッジの「組曲」の1楽章。
まったく性格の違う3曲を練習し、最終日にはレクチャー・コンサートも行なうという盛りだくさんの内容。

ちなみに、「フィレンツェの思い出」は、もともとは弦楽六重奏の曲なのだが、今回のように弦楽合奏で演奏することもある曲である。
ご承知の人も多いと思うが、弦楽六重奏ということは、チェロとビオラはそれぞれ2パートづつある。
事務局からの指示は「パートは当日指定。途中でパートを入れ替えて練習するので、1・2番とも楽譜を見てこい」というものだが、実はこの曲、1stチェロは相当難しい。結局、2ndはほとんど楽譜を見られないまま当日を迎えてしまった。

練習開始の30分ほど前、発表されたパート割は2nd。
あの弾きにくい1stをとりあえずは弾かずにすんで一安心、と思って座席表をよく見たら、トップの席。
いくら「当日指定」とは言っても,トップぐらいは事前に連絡が行っているのだろうと思って油断していたら、とんでもないことになってしまった。
1・2番で.別々の動きをすることも多い曲な上、参加メンバーの大半は、全国から集まった「うるさ方」。プレッシャ-の中で練習は進む。(苦笑)

「最初に1回通しましょうか」とか言われたら、9割がた「撃沈」だったと思うのだが、幸いなことに、最初の部分から、少しづつ、かなり細かい練習。しかも、時間の関係で、最初の三分の一ぐらいやったところで、「場替え」をして、ブリッジとリヒターの曲の練習。
初日の「フィレンツェ」の練習が終わった時は、ノックアウト寸前でゴングに救われたボクサーの気分(たぶん)。

けっこう「リピーター」も多いので、練習終了後は築地の寿司屋まで繰り出して遅めの夕食兼宴会。さらに月島も近いので、ホテルの近くまで戻って、これまた地元名物の「もんじゃ焼き」を食べながら再会を祝う。
ちなみに、メンバーの中には12月に「星さま」の指揮で第9をやった人がいる。何年か前からの「顔見知り」で、彼女(Uさん)のオケで第9をやるという話は、「星さま」本人から1年以上も前に聞いていたのだが、とっても楽しく演奏できたみたい。
ちなみに、「世の中、狭いな」という事実がこの話の中で判明したのだが、その点はまた後で。

ホテルに戻って、ひたすら、音を聴きながら楽譜と睨めっこ。i-Pod持ってって良かったよ、と思いながら、ひたすら「自転車操業」。

こうして一日目の夜は更けていった.....
スポンサーサイト

先日はマスターズでお世話になりました。セミナーの様子を知りたいという声があったので、こちらを紹介するかたちをとってもよろしいでしょうか。

ひとまずTBさせていただきます。よろしくお願いします。

2007.01.09 21:45 URL | ゆり #- [ 編集 ]

ゆり様、いらっしゃいませ。
どうぞ、このページ、紹介して下さい。
と言っても、どれだけ参考になるようなことが書けるかわかりませんが....
そうそう、そちらにおじゃましたのですが、私のブラウザ(サファリを使用)の関係で、うまく書き込みができません。とりあえずはROMしてますが、そのうち、なんとかしますね。

2007.01.09 22:08 URL | パブロン・カゼデス #- [ 編集 ]

こちらもTBできませんでした。わからないことが多いですが、気長によろしくお願いします。

記事の方はパートが違うからか、視点も違うな、と読ませていただきました。

2007.01.09 22:30 URL | ゆり #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bwv1012.blog51.fc2.com/tb.php/99-ed9dd476

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。